読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷのぺへ

アマゾンで検索したら、棚下照生大先生のマンガがヒットした。

 棚下先生と言ったら、「めくらのお市(『棚下照生、モンキー・パンチ集 (現代コミック(7)) 』所収)」と言ふ「たたかう瞽女もの」描いた方で、その作品が、映画化された際ヒロインを演じた方と後結婚すると言ふ、脳内フィルターの関係をーなかたである。

 

 その後、諸般の事情で病院へ行き、用を済ませて食堂でコーヒーをすすってゐたら、なんとか語(英語でよかったかー)訳の「ルージュの伝言」がかかってゐた。

 そんでもって、つべでなんか検索してたら

魔女の宅急便を100倍面白く見るトリビアジブリ

 とやらを発見。あーうー。

 大体原作通り大驀進のわりに、 なぜか「監督のようなおっさん」が事実上の魔女の魔法にかけられ、かかったことを誇らしげに宣言(「あのデッキブラシはわしが貸したんだぞ」)し、「GHIBLI」といふ表記が散見されると言ふのはアレだ。

 

 

 

 その、ショーン・kさんは、別に

「いや俺の父方のひいひいばあちゃんがね、ベラルーシの一部を切り取った、シュトリヴィツキー王朝の関係で、赤化革命のどさくさで、一族はコロンビア行ってるんだけどね、ひいひいばあちゃんは来日して、結婚まで行ってね」

 とか飲み屋のおねいさんへ吹くのはいいと思ふ。適当なかたのお写真へ「マクガバン」とか名前付けて社員だか何だかにすると言ふのは、ホラッチョ川上の名が廃ると思ふ。てふかあの、画像検索の可能性はアウトオヴ眼中ですか。ウェブサイトへ「大井大」さんのおフランスの関係とか、ツイッターやってをられたらそれとか、大井息子の手紙うpするとかで文春砲粉砕するべきだと思ふ。

 

 呉智英大先生のナニは、リベラルアーツの人批判。まあ大学は須らくこの馬鹿ぢぢいののたまはくを取るべきだとは思ふ。