ほんぺけ

ダイコンが結構育ってゐる。 

長野が警戒レヴェル3である。コロナ憎しである。

 いいけど畑に、なんぞのロゼッタがぶわーっと繁茂しててやばい。

 葱のへんに、塊茎を作る植物が生えてるので困るのである。

 ちばてつやひねもすのたり日記』 まぁぢぢいはねー、神経系とかやられるよねー、てふかぢぢいの裸でなくてだな、ちば先生が禁断のエロスを描くと(定期)

 ラテニヴェナトリクスに関する、資料がない。これが、なんで女性名なのかもよくわからないのだが、えーと、

 恐龍の中で、トロオドンと言ふのが発見され、その仲間でアジア系のサウロルニトイデスさんと、他が発見される。その後で、カール・セーガンと言ふ人が、生物学的な枠から負け出て人間に成りさうだなと言ふのを科学的根拠込み(確か)でこいてて―、その後、「ステノニコサウルス」が発見され、その発見者の関係が「生物学的な枠組みから負け出たこの恐竜」はディノサウロイドとか言はれて有名になり、他いろいろあって、ステノニコサウルスはトロオドンのシノニムといふことが判明、一応ステノニコサウルスさんは退場することになった。

 さらに後、サウロルニトイデスの標本の中から新種が発見され、ザナバザルと命名と言ふのがあったらしいのだが無視して、英国でラテニヴェナトリクスといふ、「トロオドン」の仲間の結構、いい標本が発見され、それと「ステノニコサウルス」「トロオドン」との骨の付き合せが行はれたところ、トロオドンさんの標本さんの中に、へんなほねがいぱーい、ソレを抜くと一匹の恐龍を作るに足るだけの量がなくなる程度に出て来たので、「トロオドン」さんは存在そのものが怪しくなったらしい。ネット資料以外にラテニヴェナトリクスへ言及してゐる資料が、えー。

 てふかNHKで使ひ回しされる映像において、抱卵してたのが雄っぽいと言ふ考証へ取材し、卵温めて子育てもする「トロオドン」のパパ恐龍が出てゐる。えー。

矢口高雄大先生がお亡くなりになってゐる。NHKでツチノコ特集やった矢先に。合掌。  『マタギ』は日本漫画家協会賞を受賞してゐるのか。 


【ch桜北海道】イザベラバードが見た本当のアイヌの生活[R2/8/3]

 メンタルがヘラってて、目と背骨が悪い、といふ女性でクリスチャン@四十歳代後半が、蝦夷が島(北海道と読め)へ行った、と言ふ旨。ウエメセで見てる割に、もちろん明治十年代の秋津島では、西欧系の女性(英国人)は、その辺にパンダがゐるやうなものなので、行く先々で好奇の目を向けられる。でも彼女はそれに耐えた。すごく探さないと 「愛しのヘンリエッタ(妹)、現地人の好奇の目に晒されまくってお姉さん凹んでいます」

と言ふのがない(どっかにあった)。大体、「どっかのお祭りで出ていたしょぼいエンターテインメントの中、一番人気はI・バードという異人であった」とか、通訳の伊藤鶴吉さんが頑張って、横浜の毛唐あるあるを編集し、「この女はこれこれこういうクソババアだぞ」と言って追い払はうとした(結局失敗したらしい)、などの表記が普通。

 I・バード(後にビショップへ改名)は、Aino(翻訳では「アイヌ」)について、「かたわ(左右で足の長さが違ふ女の子)が一人しかいない」とかの、比較的良い評価をしてゐる。本の冒頭の表記によれば、Aino表記は比較的土人の発音に近いさうなのだが、こっちで、通訳の伊藤さんは旅について考へ直すやう進言してゐるのに対し、強く勧めてゐるお医者さんで小林先生と言ふのがゐるのだが、

I・バードは彼を「KAYOBASHI」と表記してゐる(これは佐々大河『ふしぎの国のバード』に書いてあった)。

 さらに、通訳の伊藤鶴吉さんの「彼らは犬ですよ」と言ふaino観も収録してゐる。のは覚えてゐるが、土人の人が義経公の祠へ行くとき、陣羽織のやうなものを羽織っていくのは忘れてゐる。その際、御ほこらがすごい処なので、土人の人がI・バードさんを「英国紳士のような」エスコートで連れて行ってゐる。元祖フェミニストの説もあるバードさんは、土人が家の女性をボロクソこき使ってゐるのに、さういふ対応をされるのへ大変複雑な思ひをしてゐる。

 I・バードさんは敬虔なクリスチャンで、異教を一応敬してこれを遠ざくスタンスを持ってゐるので、義経公の像は拝まない旨を言ふ。

 土人の倉庫には九谷焼がえらいことあったとか、副酋長さんのママンが大変なことになったので自前のなんか(さう言ふわけでをばさんは病弱なのでいろいろその手の者を持ってゐるのである)で何とかし、副酋長さんから感謝された、とか、いろいろある。  ちゃんとした訳らしい『日本奥地紀行』

ふををー

 雨が定期的に降る。

 近所のぬこ様が来る。なんか知らんのだが、我が家の玄関がいい感じらしく、そこでゲル化してゐる。最近、ちゃんと彼女の体に、泥棒草系の種が付くやうにはなってゐる。

 『相棒』のサルウィン。軍事政権下らしい。格差がひどい。非鉄金属関係の鉱脈がすごいらしい。
「トラックを売ってるんだ。寄付すると使って捨てるから。」
 とかも、結局なし。さう言へば劇中での重要人物は一応篤信の人であった。作劇中、をっさんが、師匠からいやみをこかれる、をっさん「うちの開祖は千二百年前に来日したここの僧に師事し、なんとかかんとか」、でアレをする、それについて杉下右京警部殿がなんか言ふ、そんで亀山薫さんがアレを、でもいいと思ふんだが。

 てふか『還流』の次に『ディーヴァ』と、なんぞABN(朝日放送の長野の局)が西岡徳馬祭りをやってゐる。

幻解!超常ファイルE+

幻のツチノコを追え!!

1970年代 『ドラえもん』で出るなど(釣りキチ三平は無し)ブームになった。

 1990年代 『ちびまる子ちゃん』(舞台は1970年代だ)で出る他、ブームが再燃。
 
 正体に、ヤマカガシ説があるさうである。へー。

 カヤヌヒメから野槌、他を経て山本素石ツチノコのイメージを固定する。かつ、山本先生の前にテンコロコロバシだかゴハッスンだかと名称も習性も異常に多様である事例が出て来る。やがてアレな状況に、山本先生があれする。

 


【特別番組】オトナのための「鬼滅の刃」夜話[R2/11/23]

 

 大月先生の「鬼滅」論

 だから懲戒解雇でなくて、アカハラの一環でいいいから

「大月なんたらはムカつくんでオンラインで鬼滅とか読ませてこっちで銭儲け」

とかやっとくと、気の狂ったやうな額のぜぜこが大学に入ると思ふのだが、

 えー。

ぽぽよんす

 雨。
あー

 畑(三十%は小石であるが耕作地 ぬこ様の額とか、牛の舌くらゐの広さ)の方で、ダイコンが白い根茎を覗かせてゐる。こっちのは結構太い。

 葱が―。

 分子生物学的な観点から、ウロコオリス、トビウサギ、ビーバーは近縁種であるといふ説があるらしい。へー。

リミックスZ
なんかのっぴきならない事情はないらしい割に、衒ひが全くないOP。

ワサビの話後編
 武田信玄の末裔が有東木で栽培を始めた らしい。
 伊豆へ、武田の関係が伝播する。
 他、武田一族メディアが、ワサビの栽培をしまくってゐる。

 徳川家康公はワサビ食ってた可能性がエビデンスの生きのいいのがあるのだが、彼以前の武将で、ワサビ食ってたと言ふのの明確な証拠のある記録がないらしい。

 ワサビ関係は、支那にもあるのだが、秋津島ワサビだけはツーンとする。

 文一総合出版!!ディープでニッチでどうかしちゃってる本がいっぱいだぞ文一出版!!偉いぞ文一!

 スカシカシパン通信
ぱっくり割れた おたまじゃくし

 「エイリアンみたい」「ヤバイ」といふしょこたん
ツノガエル属 ヴェトナムに生息。

ぬごぼー

諸星大二郎 なんとか おねいさんが「人形の盗難事件」を依頼されたので何とかすると。予測の範囲なアレは画面のぎりぎり外みたいな所で何とか。

煉獄杏寿郎問題 白川静先生は杏の字を「きょう」音で収録してゐる。うむっ

ごみの焼却がしにくくなった。

 ダイコンがすくすくと育ってゐる。

ぐふゅそふ

ぱほー

 母方の実家で、柿の果樹園にタヌキが来襲したさうである。困ったものである。

 ゆうきまさみ『新九郎、走る!』宴の後、太田道灌はいろいろ上官のそれとぶつかる。一方我らが新九郎は。

 蛇蔵天地創造デザイン部』「異常に速い動物」と「動かない動物」のオーダー。前者はいろいろの あぁっ!倒れてない!!でイノベイトする。後者は、なんか制作者が知らん間に、訳の分からん特性が!!

セセリチョウの暗黒の情報がばこばこ入る中、これは、うむ。

 中村光聖☆おにいさん』ナザレの人の子、仕事をやらうとするが、カーテンが!!そしてルシファーは暴力機構を司る者であった。

 呉智英『リアルのバカ』アン・シャーリースコティッシュで「全力でアイリッシュを主張」するといふスコットランド系である点に関しては、えー。さらに、『リアルのバカ』連載当初に、日本学術会議に関してなんか言ってたと言ふのを、掲載。ちっ。  

幻解!超常ファイルミステリーE+ 平将門の怨霊とツタンカーメンの呪ひについて。

ツタンカーメンは、メディアのgdgdによってできた、とする。

 将門公の祟り 昭和三年にさう言ふのが出たらしい。他、敗戦直後、首塚を整備してゐた「ブルトーザー」(原典のママ)の操縦者@日本人が、死んではゐるらしい。あと神田明神の氏子が頑張ってどうのはあるのだが、大正年間になんたらとかはないらしい。 

ぬづぽっぽ

ディスプレイサー・ビースト - Wikipedia

野生の野良小松菜を成敗する。

 流石に野生のキャベツは無い。

 松本大洋 なんか 伊藤若冲 厳密にはそこでコケコケ言ってゐる薩摩鶏の話。他で色々、資料があるのだが、若冲をやる際は、いんきょしてからと言ふアレがある。

 『アオイホノオ』が終ったと思ったら、懇意にしてゐるローソンでゲッサンが売ってゐる。大変複雑な心地である。

 前に、ここで、『ヒーローカンパニー』を見かけたことがある。最近は『ライドンキング』くらゐである。

ウィキペディアに ディスプレイサービースト(「所くらましの獣」らしい。D&Dに出て来る獣)の項目はあるのだが、ブリンクドッグ(犬。またたき移動ができる)の項目がない。

 岩田健太郎先生が、スティグマとしての結核、を「らい菌」の項で、『もののけ姫』とらい病でなくて、『ベン・ハー』(C・ヘストン)はよく知らないのだが、三島由紀夫大先生が『らい王のテラス』と言ふのを造ってたとかを無視して、『風立ちぬ』(ジブリアニメの)の菜穂子さんをだしに結核の症状が美麗に見えるやうな風になると言ふ皮肉をあげる、はるか前、唐沢俊一先生が、『美少女の逆襲』で、少女小説のヒロインが、まぁ大正期~敗戦後辺りの普通の悲劇の定番として、結核罹患率の多いのを指摘してゐた。

 かういふ病気と言っておけばヒロインが「悲劇の美少女」であるとイメージさせるのは容易らしい。

 リミックスZ

 しょこたんが自動車を運転しドライヴする番組で深海魚関係の沼津へ行き、グソクムシだのタカアシガニだのを構った後、カグラザメの冷凍保存したのとソレを捕獲した人との遭遇を果たしたと。

 やまねきょうこ ワサビ界のヌシと言はれる

 『ワサビの日本史』 ワサビ年表付き

 ワサビの話  野良ワサビと栽培ワサビの区別に関しては茎の太さくらゐしか解らない。

 西洋わさびと言はれる、ホースラディッシュとは関係がアブラナ科なだけ。

 スカシカシパン通信

 千葉県 茂原市  電話ボックス セミ

 1992年製作 ステンレス製   ヒメハルゼミの模型 

「撤去できないのでほったらかされる」 と言ふものらしい。でも映えるのでなかなか人気らしい。

 山田五郎によれば1992年当時はNTTは景気が良かったさうな。

ぢゃあアレだ、多分、NTTが

「バブルも崩壊したのでなんか作るか」

で作ったに違ひない。