ぽみょーん

 雨が降ってゐる
 
 竹谷隆之 新田さんとかウェットスーツどドジっ娘とか、クロンボの天才青木(アオクィッさんなので青木)先生が苦心のメカ各種とかの『漁師の角度』関係、本当に菌ぽい腐海の木々とか、蟲の皆さんの関係(巨神兵のなんとかでなくてナウシカ関係らしい)、悍ましくもきゃわゆい蒲田くんとか、ラストのアレ収録の『シン・ゴジラ』のいろいろなど。 

 『マショウのあほすたさん』 アレな女にかまけたせいでアレした娘さんがどうの。『竹書房あほすたさん』は未確認。

 『天地創造デザイン部』蛇蔵 食虫植物関係は動物さん系デザイン部でやってたと言ふ恐るべき事実。たたき台としてのテディベアが、メタレヴェルで無能であったが。

 『聖☆おにいさん』 ギリシャ神話の関係の縁結びを任される聖人と、落ち。

どへちゅ

 中川淳一郎『ネットのバカ』コロナ禍における出羽守の沈黙について。確かに彼らは、達磨か芋虫のやうな欧州北欧像を振り回し、日本はダメだと説くがリアルな、欧州などの嫌な所や欧州よりも日本の優れた点その他に関しては沈黙する。

 志村けん御大が亡くなった。個人的にも国民の知的共有財産としての彼のいろいろ、バレリーナの格好をした御大の若いころ(1970年代後半の、ドリフターズのメンバーとして採用されたのが奇しくも1974年の三月三十日だからそれ以降の、1980年頃以前の小学館のなんか)がトラウマのごとく突き刺さってゐたり、8時だヨ!全員集合!の視聴がルーチンとして(厳密には次の番組の辺りまで)あったし、他、『飛べ!悟空』のテーマソングは耳から漏れてはゐるものの、番組そのものは何某か怖かった印象がある。
天才志村のなんたらかんたらは見てゐないのだが、動物さんと美人のおねいさんの他、御大がうろちょろしてゐると、見てしまふことは何回かあった。
 彼が、引退した藝人で、隠棲してゐればいいのである。一応現役で、他の若手と交友があり、かつ新型の肺炎に罹ったといふことは、彼が然るべき皆様へ流行らせてる可能性があるのである。あー、ご冥福をお祈りすると同時に、彼がお迎へにならず、ある程度の治療に関する言訳として(バカ殿!!)君臨するやう頑張らねば。
 
 なにか虚脱感に包まれてゐる。

ぱふーす

 ああああああああ

 松本の他に飯田でも コロナウイルスさんがいらっしゃったとか。

 

 かう言ふ方は長野からも早々にお引き取りいただきたい

 

コミケがアレしたらしい。あー。

 図書館 南信の図書館は、コロナウィルスの関係で、なんちゃって閉館(一応開けてて、予約すれば本が借りれる)の所があったりなかったり。いいっつうか悪いっつうか。

 早良朋『へんなものみっけ!』ニホンオオカミの謎と、どっかの兄さんAが博物館で名を遺す術。

『刑事モース』核施設と閉鎖的で排他的な村の中で、モースさん他が苦労する。サーズデイ父娘はちゃんとした確執をする。なんかまだあるらしいのだが最終回。「エンデバーに賞を」と言ふこっぱずかしすぎるアレが女王陛下から下賜されるのには違ひないのだが。

 秋田書店あほすたさん あほすたさん 暴力機構からの解放を叫ぶ。

 死をポケットに入れて チャールズ・ブコウスキー

あ、しまったっ

あぁ、そして雨が降ってゐる。

 野焼きの決行が、若干危険であったがし得た。

 不要不急の外出が、なんとかと東京ではさう言ふ関係である。

 長野の関係は、オーヴァーシュートと言ふカタカナが出るが、私は諏訪で函館ナンバーの、松本市那覇ナンバーの自動車を見かけたことがあるので、ウイルスもってる人がどこから来るんだかわからないと言ふのはけっこうある。南方だと名古屋ナンバーの自動車は普通である。

 みなもと太郎風雲児たち』そして意気揚々と計画されたテロは、掲載時はコロナ禍を考慮して、あるいは、奉行所への連絡がなされたものの、他のいろいろでその辺は実はどうでもよく、コロナ禍の影響を考慮するといふ言訳のみで断念し得た。

 脇で佐久間象山となんかの作品が出る。かっこいい。

 施川ユウキバーナード嬢曰く。』 文化史関係となんか。

 大童澄瞳『映像研には手を出すな!』あー。

乃木坂46に興味がないので、金森氏の役の人が脚線美の人と言ひ張られても別に。

お休みの代りになんかある。長谷川氏が得てくるなんぞの作品。

 朝倉喬司『毒婦伝』 おしんロスでちょっと。(ガチセレブから華麗なる転落をした美人のおねいさんで背中に北条時政&弁財天、臀部へ雲を呼ぶ六角の蛟龍、腿には大蛇と格闘する岩見重太郎、とかのタトゥーがある人なんだけどお新さん)

ヴァギナの文化史はある

おびゃーとっと

全力で水田を主張してゐる筈の、畑を何とかし始める。
 蕗が生えだしてゐる。
 風が強い。
 ゆうきまさみ『新九郎 奔る!』いろいろ。その領主貴族系が開墾しまくり、官僚貴族系のが形骸化してはゐるが何となく力がまぁあるかなと言ふ状態で、皆さんがのたうち回るといふ構造はあるわけで。さう言ふ関係で新九郎殿が鍬を振るふ。

 柳田『幻覚の実験』は、買ってた。その、「御神体の意志を拾い上げて、そこらで土をほじくって遊んでたら(五銭玉を大量に発見ウヒョー)、白昼に恒星を」は、・・・水木しげる先生がの他に、水木先生からねずみ男呼ばはりされてゐる浅羽通明先生も引用してゐた。しかも柳田少年は、星を大量に見てゐる上、関西人なのでその辺の知人友人に言ひまくり、ツッコミをかまされまくってゐた。

 浅羽通明『野望としての教養』

 発行当時はあれだに、長野の駅前の平安堂で平積になっとったんだに。

 後、妖怪砂撒き狸あるいは貉が砂を撒くと言ふ怪奇現象に関し、どうも川で水浴びをした「貉」が、砂浜でくりくりした後、その辺でプルプルする際に、砂が笹などにあたって鳴るのを、さうしたのでは、と言ってゐる『狸のデモノロジー』もあった。どっかにあったと思ったら買ってた。こっちは、さう言ふわけなので妖怪砂撒き狸がいかに出来たかを、動物の観察によりなんか言ってゐる。リテレートっぽいな。

河童の分類は、aガワッパ カワノトノ(九州に多い) カワッパ、カワワラワ、カワロ(東海~東北関係)など、ガキを主張するもの、bセージン、ミズシン、メドチなどの神様系でちゃんと一番古いもの(東北地方)、cカワソ ガメなど生物系(北陸、中国、四国地方が主)、dコマヒキ、シリコボシ、ヒョースベ など属性や鳴き声によるものとする資料を発見。捜してた本棚の隣の方であった
 『日本神話伝説大事典』 勉誠出版 218

こっち。

 いいけどこの辺を書いてゐる瀬下いずみの人名をググっても出ない。

ちばてつやひねもすのたり日記』ちば先生の還暦時のアレについて。1999年頃『GORO』ってあったんか。

ふゅうふゅす

風が強い

 タマネギはすくすくと育ってゐる。

 カエルの鳴き声が聞こえる。

 呉智英『リアルのバカ』飲酒に関し、法律上は未だに二十歳に成ってからの割に、宴会だと年齢下がっちゃふよねー問題。

 『Birder』でバード川上御大がなんか言ってゐる。なんかこずくがない。 メアリー・スミス

 Knocker up屋さんと言ふ職業が、大昔あったさうである。 この人は目覚まし担当の人で、町を物理的に起こして回る。

ほぴゅにょー

TVタックル 怖くて見れない。

 ダーウィンが来た!を見てしまふ。クラゲ関係であった。ウリクラゲってクラゲでよかったんだよな。(クシクラゲと呼ばれる別の種類)
 
 サイエンスZERO こじるりがウェットスーツでそれをつんつんしてたら見ようと思ってゐたがさう言ふわけなので半分くらゐしか見てない。NHKなのでダーウィンがどうたらはやる。ちんちんの長さがどうのはない。

 『映像研には手を出すな!』
 最終話 劇中アニメは妥協と他の中出来るのであった。
 浅草氏は、多分人間が書けるので、といふ言訳で、地元の塔が奏でるソレが鳴り響く中、地元をモデルにした町で、絶望的な戦争、ノンマルトぢゃねえよな河童と、人間の対立が描かれ、お互ひの捕虜が真実を知ることになり、絶望的ないろいろの修復を行ふことになる。
 ナニをソレする鯉がいい感じ。地元をモデルにした町が描かれ、其処が凶悪ななんぞで粉砕されるのもいい感じ。河童が光の描かれる兵器で攻撃してると浅草氏の、兵器全体への妥協を感じる。(地上の人のは監督の拘りが五万%出てゐる)
 ビッ〇サイトもうさトーテムの人が作ってゐる。個人的に五秒CMはNHKの特集で知りました(厳密には「サンキュー照代」は出るが「何である、アイデアル」は無し)。