みゅくさ

過活動膀胱 らしい いはゆる睡眠のリズムに基づいて熟睡した後の然るべきときに、尿意を覚えて起きる。却ってよく眠れる。 十月でお祭りだからなのか何なのか、子連れの人で県外ナンバーの自動車を運転してる人がその辺にゐる。 ごちそんぐDJ 完全に興味がな…

ぴにゅちゅ

Cowboy Bebop まぁ、うん。 なんか 刑事ルーサー なんかいろいろ ルーサー刑事は、事故で知り合ったおねいさんとまだラヴラヴ。事件はポドエロトマニア(足フェチでぐぐってもあのー)と他がいろいろ交錯してゐるのであった。そんで何とか多方面が解決する。 …

うにゅちゅ

江口夏実 『鬼灯の冷徹』いつの間にか「最終回まであと五話」になってゐる。 フィニアスとファーブ #111 マーベルヒーローなんちゃら。 オープニングで宇宙服が出る。それによる「スペースサーフィン」は後にいろいろされる。 ダッキーモモは「桃鴨」と呼ば…

うにゅふゅ

あー。 新ショウガ が、売ってない。長雨だか台風による流通のアレだか、毎年のお約束かは不明であるが。 民主党政権時の悪夢が、次々と出てくる。まうスーパー堤防がどうたらとかのいろいろの情報を得て、凹む。 献血のポスターに関してまた太田啓子先生が…

ぐふゅてお

HPL『クトゥルー』第5巻 青心社 ハワード・フィリプス・ラヴクラフトのうそ家系。 ナイアルラトテップの末孫とクトゥルフの末孫のおぞましいい婚姻による、子供にHPLの他、「ウェールズのオーウェングィネッド」とやらが描かれてゐる。 川北稔 アメリカは…

ごふふぇー

ひろき真冬『アップル』 島本和彦『アオイホノオ』 焔はいろいろあって!!雪まつりへ行く!!すると、彼は知らない間に、永井豪大先生から自身の表現をなんか複雑な顔で批評されてゐた!! 当時、やっとこヴィデオがソフトとして売られ始めたばかりだったら…

ふぎょどを

ぱふー 大変であった。 近所の川は、ものすごく、大量に茶色の水を流してゐる。濁流としてはあまり、数十年に一度と言ふより、毎年こんなんだらよ、な感じ。 小雨がしとしとしとしと 降ってゐる。 アームズマガジン で押井守御大が何回か特集を組まれたりイ…

宣伝

トニーたけざき『トニーたけざきのエヴァンゲリオン』 球とバットは男の証(庵野秀明さんは『トップをねらえ!』以降『アストロ球団』を読み返しその辺で本を買ひ求め、「一試合完全燃焼」ならぬ「一作品完全燃焼」をマニフェストにしたと岡田斗司夫さんがBSマ…

ぶごへー

台風が来る。1983年ころのは、裏の川でなんか怪獣が二匹程ゐるんぢゃねえか程度に恐ろしかったが、そんな感じである。けっこう怖い。 和田誠御大が亡くなった。個人的には「ライムの人」(『怪盗ルビィ』の主題歌の詩とか)で、谷川俊太郎御大のマザーグース(…

ぬーぷー

台風が 来るらしい。 ゴーマニズム宣言 のSPA!の奴で、「従軍慰安婦像のパロディ漫画に関する顛末」があった。 フジサンケイグループが韓国人に対して異常な忖度をするのは普通。ソ連崩壊前夜辺りまで韓国にぎゃあぎゃあこいてゐた左翼の人がアレしたのが異…

すふゅー

果てしなく 草原が広がってゐる。 稲刈りが終ってゐる水田も果てしなく広がってゐる。 およよ。 表現の不自由展が復活した。かなり噴飯ものの、東北で「放射能がどうの―!」といふ、ちゃんと展示を禁止された映像メディアが出る。これは普通に表現の不自由で…

のぺふゅ

気合の入った雨。 『フィニアスとファーブ』のハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士のロボットは「NORM」であった。 へー。 火浦功 昭和な街角 新作かと思ったら、師匠の奴と一緒で前の短編を集めたものであった。 小池一夫『夢源氏剣祭文』 「鬼娘と言…

あうあうあうあう

https://www.youtube.com/watch?v=d9DPeJ9YUfQ あーうー 関電の関係。森山なんとかさんは週刊文春では、「人権団体」他は解放同盟。ただ、Fridayはその辺をスルー。 香港が大変なことになってゐる。 水木しげる追悼展とやらをやってゐる。見に行きたい気が何…

ももも

気合の入った雨が降る。 台風が温帯低気圧になったらしいのだが、風がすごい。ただ、そこここに青空が見れる。 手塚治虫『ばるぼら』 千九百、七十云年刊か、とか何とか。 文化をかう言ふ風に捉へるとかうなるなぁとか思ったが、ブードゥー出てくるんだから…

ぬぉおおお

諸般の事情で地元の画材屋さんへ行く。 気が狂ったやうに日髙のり子さまの声によるパロディなコマソンが流れてゐる。 鬼灯の冷徹 天国における金融関係の経営についてと桃太郎さんの営業の関係。チンドン屋はいいのか。 『フィニアスとファーブ』#101でスペ…

ぷふゅー

やる気がない 関川夏央『かもめホテルでまず一服』 魔都としての新宿はアジア系説とか、他。 カサハラテツロー 『アトムザビギニング』 翼が生えてて飛ぶロボが出る。カサハラ先生の女性キャラのアレがー。 ドリヤス工場御大が表紙を任されてゐる。 あいちト…

すにゅふげー

ううーむ いろいろあって、野焼きができない。厳密にはできるところがあるのだが、そっちではやらない。 マイロ・マーフィーの法則 あまり見たくはないが。制作陣に ヴィクトリア趣味の人がゐるのは分かった。 三洋堂へ行くか―。名古屋の、栄駅の、近所の辺…

へめでれー

土曜の朝 中学生が学校へ行く。 なんか、木村多江さんのラジオ番組を聞き逸る。 『なつぞら』は意図的に見逸る。『火垂るの墓』がどうたらでツイッターが賑ってゐたが、さう言ふわけで見てない。 天気が、曇るのであった。 『性別が、ない!』新井祥 台湾のLG…

guhunyu-

『映像研には手を出すな!』 大童澄瞳 謎の現実逃避としての他の部署へのお手伝ひと、金森さん大活躍ってわけでもないか。百目鬼氏の音に関する蘊蓄が画上で暴走する。 へんなものみっけ! 縄文時代の謎と、アレな関係。 施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』 か…

ぐひゅすり

晴れた。 近所では、稲刈りが一応滞りなく行はれてゐる。 白土三平『バッコス』 バッコスを「芽吹く」の意味としてゐる。 男の娘で排せつ物があれなバッコス。ふうううん。 さう言へばツチブタの子宮(アフリカ獣類の内、一個だけの生き物説があった)に関する…

ずふしゅ

えー 小泉進次郎先生が、なんか言ったらしい。 てふか、先生の曰くは、薄っぺらすぎるらしい。 どうしようもないらしい。 小泉息子のいろいろを、観たい気が一ミリもしない。イケメンがなんか喋るのは見たいのだが、彼はあのー。 御嶽海が優勝し、お相撲が終…

ほなでごー

雨が降ったり晴れたり 『なつぞら』絵が間に合はなくなったので、なんかやってるナニが出た。いろいろ言訳で「こうやって遅れる」があった。あー。 『聖☆おにいさん』 三途の川でジェンガ 『鬼灯の冷徹』の補佐官殿もやってたけど。まだ、「冥府で石積をする…

ぱふぉー あすゅー

なんかいろいろ。 『鬼灯の冷徹』 アメリカのお屋敷に住んでゐる幽霊の人の下僕は、何某かStubbedをされてゐるのでアレなのであった。へー。てふか、サウナ道の関係で、小林靖子にゃん先生がなんか書いてゐる。 『なつぞら』ほぼ見てゐないが、少なくとも、…

ぷゆぷゆ

はじめての虐殺 稲光伸二 リミックスZ 照井啓太氏による公団関係 日本懐かし団地大全 スカシカシパン通信 アリノスシジミ ツムギアリの巣に住む 湯たんぽにしか見えない 好蟻性で、蟻を喰ひ捲る。 湯たんぽアーマーで身を守り、かつ成虫になると滑りやすい…

ヴモモ

雨が降ったり。 呉智英『リアルのバカ』基本的人権を振り回して何とかせんとする宮内庁(古墳系について)や犯罪被害者の人と、知る権利を振り回すマスメディア他のみなさんについて。 島本和彦『アオイホノオ』 このエピソードはッ!!かの、手塚英彦さんが母…

ふびゅえー

雨が降ったので、どこぞへ行かうとして、とりあへず畑へ行く 草刈りをしてゐると、雨が止む。ちっ。 野生の野良桑が出たので、育てる。でもいろいろあって、成敗する。ううっ。 水木しげる『宇宙卵』あー。人類の側の存在に、吸血鬼のボリス&カーロフ夫妻が…

ヴぁちょー

代替医療の光と闇 ― 魔法を信じるかい? 作者: ポール・オフィット,ナカイサヤカ 出版社/メーカー: 地人書館 発売日: 2015/09/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 雨が降ったり。 週刊金曜日で、あいちトリエンナーレの、従軍慰安婦像の…

ぐちゅーふ

雨が降ったり晴れたり コミックREX 名古屋まで行ったのに(『八十亀ちゃん観察日記』があるので名古屋では大人気であった)まだ見てない。 バーナード嬢曰く。百合でブラッドベリで『三体』。順番逆か。 アトムザビギニング かたわ矯正用のマシンが。 幻解!超…

のづしぇー

あーうー 天地創造デザイン部 南米のファウナをああ言ふ設定でやる。 ライドンキング 極めて絶望的な戦争と、大統領の至福。 呉智英『リアルのバカ』 あいちトリエンナーレのアレについて。朝鮮人慰安婦像は、少なくともその辺に普通に展示されてをり、表現…

どぎゅしゃー

アレがナニ 雨が降ったり晴れたり。 キズナアイ関係の記事を収集するこずくがない。 エデアグスに関するちゃんとした資料がその辺にない。 ソレの呼称に関しては、ルネ・ジャネルといふ洞窟と虫の先生が、メクラチビシデムシの種類を同定する際に、虫をガン…