読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱっぐぉお

 いろいろあってお外へ出ない。

 REMIXZ 冒頭は山田五郎さんがシュークリームを頬張りつつ、ゴキブリ の単為生殖がどうたらをいふ。
 しょこたんは独身を貫かうとする。

 動物園関係として、解説のおじさんはビントロング(ジャコウネコの一種)を紹介、 纏じょう性が強い尻尾は締められると結構気持ち良いといふ。
 プーズー(南米の鹿)も紹介し、これは来日後、動物園で飼育してすぐ(雌雄二頭づつの四頭を輸入 七月に入れて、翌年の三月には赤ちゃんが公開)、増える旨を紹介。鹿すげえ。
 話題が交尾に及び、解説の人が、チンパンジーに「言い寄られた」旨を言ふと、しょこたんが、自分のママはチンパンジーに発情されてゐた、あと自分がサル関係の所で撮影をせんとすると、お猿が頑張ってるといふナニを紹介。LV32だからと言ってやっていいと言ふものではないので、もっとやれ。

 スカシカシパン通信はアシナシイモリ 検索注意を叫び続ける。
 母親の皮膚を食べて成長する。交尾は二、参時間

 総排泄孔をびろーんとして、雌へ突っ込む。

ぽゆん

たりぃ。

 七kmくらゐ歩いたところで、雨に降られる。その辺のコンビニへ行く。

 アトムザビギニング。おにぃたんがなんとかするが、妹が化け物である旨が発動。

 本当にあった笑える話。新井祥先生のマンガの後にホモの人のマンガ。いいんだけど。しかも「ほんわらPINKY」では、アシスタントのうさきこうさんが「彼氏とか―セックスした話」を展開。ふー。てふかふたなりの人は女七分、男三分が理想と。ふうん。

 エクゾスカル零を気合で一から六巻まで読む。まぁこんなものである。生産を忌避するあまり凄まじいことになってゐる。主人公の敵の方に、一応兄妹関係がゐるが、これは「主人公のスタンスは正義に非ず」の言訳になッてゐる。小池一夫先生のネポティズムかンけいと言ッてよささう。

ふぎゅしー

根性で長野市へ行く。

 あまり人がゐない。

 アニメイトコミックREXを買ふ。神林しおりは、相変はらずであった。

 早川版の「すばらしい新世界」は「一見ユートピア(に見えるディストピア)物は表紙が白いのが良い」とか原作者先生が言ってゐた、それの通りであった。出るかと思ったら、てふかその前に「鬱かなと思ったら早めのソーマ」とかがいかした光文社版が出てるわけなのだが、それを踏まへて、出た。おし。

 ブックオフ は普通であった。エクゾスカル零を立ち読みして出る。

 高速バスを久方ぶりに使ふ。長野市へ行く際に名古屋行の時刻を見る。帰りにはSAで「信州弁で喋る自販機」にビビる(暫く双葉SAだと思ってゐる)。いかん。

 

 早川版

 訳がいかした光文社版。

 まう出てるのか。

ぷなどー

北朝鮮がミサイルを発射したらしい

 西の方で撃って、そのままぶっ壊れたらしい。

  ナニとかソレとかでなくてあっちへ発射ってやって、無理だからアレとかソレとかをナニして爆発とか、とちょっと思った。

 こっちのTSUTAYAと平安堂各店(伊那店は除く)と、その他の本屋にコミックREXがない。何故かアマゾンで買ふこずくがない。

 雨が降った。電車に乗ってお出かけしたので、車内でちょっと寝た。ぢょしこうせいがいっぱい乗ってきた。惨事のJKなんて、おっさんにはいろんな意味で毒だ。(あまり「おおぅ若返る若返る」はない)

ぶにゅぉー

 

 REMIXZ しょこたんがなんか臭い

 山田五郎さんがシュークリームを喰ふ

 スカシカシパン通信は「世界一イケメンな馬」フレデリック。『北斗の拳』の黒王号のやうな、黙示録の馬のやうな、雷が似合ふ、


WATCH AND BE CAPTIVATED FRIESIAN STALLION FREDERIK THE GREAT

 かっこいい馬。中二魂にビンビン来る(しょこたん評)

なんか出てた

 いとうせいこう 奥泉光 漱石漫談 冒頭の漫才 施川ユウキ

 

 夏目漱石と言ったらバーナード嬢曰く。

 うむっ。

ふどへー

マクロス7はいいねぇ マクロス7は。(ある種こずくがないので言ってそれっきり見ない)

 ブックオフ行ったら無かった(TSUTAYAにレンタルがあるのだが借りない)

 個人的にはレックスさんが好きです。

 

 大童澄瞳『映像研には手を出すな!』そんなわけで、男のロマンといふ矛盾したものを抱へるロボット関係の兄ちゃんと、我らが映像研は、決戦を挑むが。キャビテーションの消失は無敵だよ。かっこいいよJK。パトレイバーで青春を過ごしたおっさん的にはこのロボはかっこいいよ。(その前にダロスがあるのだがあまり見てゐない)

 みなもと太郎風雲児たち』。岩倉具視さんとかの陰謀がいろいろ、あと西郷どんが悲劇の跋渉を。

 あらゐけいいち『CITY』神様ごっこか。