うっぺぺけうぺぺけ

 Heroes 薄い
 カサハラテツロー『アトムザビギニング』 手塚大先生は、人が幸福になる可能性に関し科学の力でも「なんだかなー」的なスタンスをお持ちであったさうである。多分その事故は、ゆうきまさみカサハラテツロー両先生の、原作をどうするか問題と、時事ネタみたいなものと、他が直結してゐるぽい。

 横溝正史短編集 また見てしまふ。『華やかな野獣』金田一が躍る。箪笥がダンスで。

 エログロ的な物を、NHKメディアでやるので、まぁアレ。昭和三十年なのに、横溝先生かなんかはおっぱいがどうたらとか言ってゐる。そのおっぱいとかちんちんがゴム風船で表現される。てふか、ツイッター社会学の人が実学から遠く、ノモス的な手続きを暴走させるだけはやりたいと息巻く、アレな方だといふ分析を集め、近代知シリーズ否金田一シリーズでの、死すべきものがきっちり死んでから、分析をするだけの探偵のせんせいが活躍するのを、あーなんといふか。

 『ログ・ホライズン』ノモスが分かれる危機が― とか。選挙をしないといけなくなる。

吾峠呼世晴鬼滅の刃』二十三巻 はい。後のアレはまぁこんなもんだよな。
 読んでる間中、「青林堂もサーヴァヴのためにこんなん掲載するようになったか、これではまるで週刊少年ジャンプのマンガではないか」感は出る。