読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サリバン伝説の本

サリバン先生とヘレン

 いはゆる「サリバン伝説」の本。ヘレンが一歳頃に言葉を喋れた件は一切語られず、「ヘレンが肯定を頷く、否定を首を振ることで」表現し、サリヴァン先生は言語を知らないヘレンに対し言葉を教へやうと努力し、井戸で水掛けてどうのかうの。