読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のでー

2017 0203 Remixz 

 フラッシュマンについてしょこたん大暴走。

 スカシカシパン通信は、海のサファイア(SEA sAPHIA) サッフィリーナ(height1mm~9mm) グアニン結晶でもって透明になったり銀色に輝いたり。
 昔の特撮(1970年代) 光学迷彩的な。山田五郎さんが「攻殻機動隊のような」講談社の人だから。
 おしゃれ。ピーコック革命などと絶賛。 サルパに寄生しすこしで食ひ尽くす

出口博之さんののたまはくは聴きそびれる
 
ニコライ・フョードロヴィッチ・フョードロフ(1828~1903)は、タンボフの中学を卒業後、オデッサのリツェイで勉強、中部ロシヤで教鞭をとるが、1860年代にモスクワのルミヤンツェスク博物館で司書を25年ほどやる。『ロシア・ソ連を知る事典』p496によれば、ロシヤ正教の教へをデフォに、復活を唱へ、「自然の盲目的な力を利用」しつつ、人為的な、あー、サイボーグぢいちゃんДを作る(独立栄養体かなんか)とかを説く。ジャパニーズからは「イミフ」であるがお国その他では「モスクワのソクラテス」と呼ばれてゐる。

 この「ニコライ・フョードロフ曰く。」を、ソヴィエト研究のおまけで輸入したアメリカでは、社会主義他が「ちょびえと・ちゃかい主義・ちょーわ国・ペんぽう(荒川弘百姓貴族』)ってわけわかんねー」と言はれる中、キリスト教に基づいてゐるこの辺は受け入れられ、SFに影響が見られる(永瀬唯『Dead Future REmix』)さうだけど、ドストエフスキートルストイにも影響を與へてた。さらに「ガガーリン家の親戚筋」だった。ツィオルコフスキーはロシヤ宇宙主義としてどっぱんどっぱん影響受けてたとwikipediaに書いてある。マンガ「バーナード嬢曰く。」にトルストイの晩年とドストエフスキーの小説出てたよなぁ。ちなみにドストエフスキーの本はソヴィエトでは粛正された。

でもブラヴァツキー(項目があるー)と共に襲ってる筈。