読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本があった。

 なんか、パロディを「元ネタ知らんと困るもの」といふ2ちゃんねる情報で定義し、パロディ漫画の大家として唐沢なをき大先生を上げる。

 唐沢先生は、ざっくり「元ネタがあるんだろうな」といふ読者へ向けて、知らんやうなネタをぶっこむ(とり・みき「バラのしん様っ」を筆頭に読者が知らんものを入れまくるとか、多分「キャプテン・バナナ」の掲載誌で、芭蕉がバナナとも読めるとか、スレンダーロードとソーラーで奥の細道が本と出る人は少ないと思ふ)ひとであり、元ネタを知らんと困る系統ではトニーたけざき大先生とか、田中圭一大先生とかの方が本の趣旨に合ふと思ふのだが。