読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どぅんどぅんどぅん

文春見る。

 

 いしかわ先生は一応情けも容赦もなく三宅乱丈先生のこの作品を「読者の大半にはおもしろくなかった」と評し、「でも面白かった」と、多分人類には早すぎるマンガ語りで評価する。

 ギャグなので、ぶっ飛ばさないといけないのだが、ぶっ飛ばすと、読者が置いてけぼりになるといふおぞましいジレンマが、どうしても出てしまふ事態も描く。

ブルボン小林さんのはー 忘れてゐる