読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬほよー

お墓参り

 つる植物が墓石そのものに繁茂してゐる。ちょっと嫌。

 

 コンビニでモーニングを見る。鬼灯の冷徹えじぷとしんわーの回があった。おいといて、

 ギャングースでは、鑑別所とかは懲罰の機能があると説く。うむっ

 鬼灯の冷徹 シロはクソばばあを認めてゐる。宮田登先生によると、犬と女は仲がいいらしいのである。なんか江口先生はそれ聴くと犬がどうたらとか言ってそれを参照しましたとか言はなさう。

 

  刀剣乱舞を扱った腐女子によるカップリング「石切丸×にっかリ青江」関係の、Pixivにうpされた特殊な性癖による作品を、何人かのおばさんがぼろくそ言ひまくり、結局それのジャンルそのものからの撤退をさせられた件が、あったのだが、

 それに関して立てられた2chのスレッドは、集団いじめの加害者の方を、ぼろくそ言ひまくり、加害者の作品を消すとかPIXIVからの撤退をとかをほのめかしてもゐる人もゐて、まあ当たり前だが他のツイッターなどでその加害者に同情する人が出た。しかもその加害者の人は、「趣味のない人へ見せる」いじめもしてゐる。(他人がわかるので、まあ他の人へ向けたSNSなどでその方々がぎゃあぎゃあこいたらまあその集団いじめの人の方に分が行ってしまふ。一応謝罪もしたっちゃしたと言ひ張るナニはある訳だし)

 戦略として出してる人の本は買ふべきだし、表現の自由を守るために加害者のナニはマサオさん関係の用語で「10点便所」にするべきで、Pixivは夜中の十二時を過ぎると「誰が」評価したかが消えるからバンバン☆あげて

「手前等はやってないがあんたらと違って私はそこまで腐ってないのであんたのSSは評価します」

 とかやらないと困るのだが、当然、当たり屋化は必至ならしいのだが、ただ、その間違った方法で表現の弾圧を助長する閉鎖的な2ch脳のネット雀は、「被害者の何とかさん」の名前を出さないのである。大変素晴らしいのである。でその腐りきったスレッドを見て何となく癒された後、文春見たら、宮崎哲弥御が、弁護士の使ふ「犯罪被害者@加害者をどうやって守るかマニュアル」の中身がいかに理不尽でダブルスタンダードであほかを評してゐる文章があった。はぁああ。