ヴびゅー

近藤ようこの方『高丘親王航海記』眞如親王のみこは、ぢぢいなのにジャヤヴァルマン王の娼館へ行くことになる。リンガはやらしいちんぽに見えない。うむうむ。ちゃんと伏線であるアレはばっちり。うむうむ。

 島本和彦アオイホノオ』 青春時代の焔燃が!!憧れの地として パーティを聞かされる!!原稿に関するいろいろは、けっこうあれだ!!パーティに関する関係は、あっちの方の
「わだち充がいるぞ!!」
 でも行けるな!!

 フィニアスとファーブ 作者が出てくるのだな。フランシス・モノグラム少佐とハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士の声優が制作者ABなのだが、一話リミテッドで、作劇に関してその二人本人の方が議論するシーンがあった。

 津田大介さんに関するいろいろ、大村先生他がはしご外しまくり。困ったものだ。

ダーウィンが来た!』でまぁそのスジのリテレートの皆さんが南硫黄島へ行って調査する!!と言ふのをやってゐた。
 バード川上が出てた。
 絶滅危惧種のカツオドリ 適応放散するカタツムリ ミズナギドリの雛 果食性(若いのを食べるので歯がボロボロ)で昼にも活動する大蝙蝠 他が「収穫」される。

 

 川上和人『そもそも島に進化あり』2016年刊
スペキュレイティヴ エヴォリューションの関係。鳥類に乗ってくカタツムリ他が描かれる。なんか売ってた。

NHKで声優の怪談 とやらをやってゐた。声優さん本人が収録してゐる処と原作にあるマンガが出てゐるのであった。無敵なことに三十分番組で鈴木光司『リング』もやってるのであった。おお、あと佐賀の化け猫騒動もやってるのであった。作劇上のあれとかナニとかの前に、着物姿の三石琴乃様がなんか言ってたり、緒方恵美様が「いかにもお役人ぽい人」と「むかつく苛めっ子」に「実はあれだった自殺者」をやってをられたり、池田秀一御大が娘さんと「音楽業界でブイブイ言わす、下半身が腐った男」をやってゐたりで、結構よい。

 本屋さん行ったら、支那SF界のアレな人の『三体』があった。なんぞしょこたんの最新刊もあった。前月号の雑誌はない。クトゥルフ何とかのアレがあったけど。
 あー、WIKIPEDIAでも「ロード・ダンセイニのぺガーナの神々」は書かれてるし、ある種誰がどう見ても絶対者マアナ・ユウド・スウシャイ(眠り中)と太鼓叩きスカアル(のドラムのビートが絶対者マアナ・ユウド・スウシャイを寝かせるのである)はクトゥルフ関係のアザトースさんのネタ元で、地の神の関係はイナガキ・タルホ『黄漠異聞』でも、なんか王がへんなものを作ったと言ふあれが入って、パクられてるといふか同じやうなナニが出てるわけであるが(地の神の関係もWIKIに収録だ)、アレでは「ラヴクラフトにダンセイニの影響があるのは周知の事実」でさらっと流す。

 あとは諸星大二郎関係を、『妖怪ハンター』のみ紹介する。確かに、『栞と紙魚子の生首事件』では、作者があとがきで「俺ぁラヴクラフトなんて最近(20年ばか?)読んどらん」上に「「テケリ・リ!テケリ・リ!」はエドガー・ポーの『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの冒険』から」(「Shoggothの叫ぶ」は無し)取ったと言ってゐるが、段一知とかヨグ・ソトホートなど具体的にラヴクラフト関係が出てるのはこっちの方なのである。ラヴクラフトみのある短編は、『妖怪ハンター』シリーズで『海竜祭の夜』以来、単行本に入ったことがなく、文庫版でやっとこ入ったのである。

 石ノ森章太郎佐武と市捕物控』文庫版があった。

いろいろあって アレがナニだった。おおっ。

 杖と十手編 『シャマイクル』(冬の北海道で、見開きを書く際に墨ベタを五tほど使用!!)あにゃ、松の市がめくらで居合の達人に殺される悪夢を見てどうのな話。この波の表現を見るとですね!!我々石ノ森ファンはですね!!!

「石ノ森ッ!!」

 と叫ぶんですよ!!

 リミックスZ 
 恐竜の脳組織の化石がエゲレスで発見。
 J・ヒスコックさんがアマチュアなのにそれを化石といふ(一見すると茶色の石)。ケンブリッジ大学で十年ほど研究の結果、イグアノドンのものと判明。
「ある種の酢漬け」だったらしい。
 しょこたん ソフトなものの化石化の可能性に驚嘆しながら
「ウンコの化石が出るのだから脳の化石が出ても」
と納得。

 スカシカシパン通信
 支那で パンダの顔認証AIが開発。「ランランだと思ったらフェイフェイだった」と言ふ事態がなくなる。近くアプリ化され、その辺に出回るらしい。へー。

 しょこたんは「山田五郎に似る」をググるため端末へ打つと「山田五郎に西麻布」となる。

中川翔子

本の宣伝

ダーウィンの覗き穴』  メノ・スヒルトハウゼン

コルシカ島に生息するTigerslug(92cmのちんちんを持つ)が謎。

 C=ダーウィンヴィクトリア朝の人だった。なので性的なナニあるいは生殖器に関する進化の可能性に関して言及を避けてゐるとか何とかを言ひ、

 虫屋が種類を同定するため 主に虫のちんこを使ってゐるつまり、生殖器はいかに自分の子孫を残すかに フランス語の「陰茎は、いや神経は」に関する資料(ノストラダムスの頃にさう言ふダジャレができる語があったらしい)がないっ アレが注がれまくり、ついに

 ちんこで種の特定ができるまでにすらなったとか何とか。

 サイエンスライターの人が書く まぁこんなもんで面白い。

 マンガ版。

名古屋で買った(まだ密林でポチる習慣がそこそこしかない)ら、近所の本屋さんにあった。

 資料をちゃんと読み込んで、どう言ふものかを分析して出してる筈。

 マダラコウラナメクジのLimax rediiはちんこが「85cm」でいいらしい。

にょびょー

アトムザビギニング Dr ロロの秘密は午太郎へ、あにゃ。他プロジェクトTは謎の流通が。

 上の水田の地下でモグラが穴を掘ると、下にある水田に来る。そこへ里芋を植えてゐるので、いいのだが、いろいろあって管理しなければならない。

 暑い。

 津田大介さんは、ひたすらヘタレ街道をまっしぐらである。なんか、あいちトリエンナーレで「表現の不自由」展なので、朝鮮人慰安婦像(表現の不自由展のメインになる筈であるらしい)はもとより、誰ぞがツイッターで呟いてゐた「つぼイノリオ」といふそのスジの大御所の曲 極め付け!!お万の方でもインカ帝国の何とかでも金太の大冒険でも、をやるべきだといふのをガチで採用するべきだったと思ふ。

 幻解!超常ファイル ダークサイドミステリー チュパカブラ神隠しの謎。巷間でよく言はれるチュパカブラ像は、実は宇宙人を描いたものであり、チュパカブラとは関係がないとか、チュパカブラ騒動は、マスメディアがセンセーショナルに宣伝するほか、プエルトリコアメリカの関係から、民衆が、アメリカへ追従してしまふプエルトリコ政府へ、「米軍の作ったものが逃げ出したぞ 政府は何とかするか」と言ってゐるものだとかいろいろ。

 「赤外線カメラが捉えた、謎の踊る仮面!!」とやらの映像が出た。確かにソレの正体はスカンクであり、解説する声優はけもフレで声を当ててゐる諏訪彩花御大によるもので、BGMもさう言ふものであったが、赤外線カメラでスカンクの逆立ち(威嚇のポーズ)を撮影する状況が解らない。

 あと神隠し現象。寅吉のいろいろについて、小松和彦先生がリテラシーあふれる解説をしてゐた。ふうん。あとは当時の神隠しで説明せざるを得ない状況と、なぜできるかのいろいろ。

 小林快次先生の資料がー。現時点ではwikipediaでもシノルニトミムス発見のいきさつやゴニオフォリス(先生の御専門の筈であった古代のワニ)がどうたらもないし。

呉智英『リアルのバカ』京アニの関係の犯人に関し、法治思想の関係について。漠然とおバカは出る

 REMIXZ
 硯沼について。

 硯見師 青柳たかし 硯を作ったりいろいろする職業

 硯 墨をすりおろす もの。石製がデフォなので陶硯などとなる。
 東日本大震災 硯では宮城が大打撃を蒙ったので、学校では「墨汁を入れる硯型のなんか」がプラスチックで出来てゐる。

 青柳さんはモンベルとコラボしてゐる。携帯毛筆セット野筆。
 硯の違ひは、「墨による咬み心地」が出るさうである。
 しょこたん、八十万円の硯を誉める。厳密には硯を誉めると、後に値段が出る。

スカシカシパン通信
 シーボルトミミズの季節移動。
 両者「うわぁ」
 ヤフーでググった画像が、一発目が「クガビル(ミミズ食べ生物)に喰われるミミズ」

 メタリックブルーのミミズがのたくるさまは、美しい。

 「悪いことしてないアイドル」がしょこたん評。

ぼりゅでぐ

フィニアスとファーブ

気が狂ったやうな再放送は、いいんだけどもなんか。

 ライドンキング 亜人の皆さんと他の政治的ないろいろが交錯する。木材と魔法に対する大統領閣下のスタンスはいい感じ。

 映像研には手を出すな! 時計塔と百目鬼さんの恐るべき能力に基づいたいろいろ。

 へんなものみっけ! 衒ひのない「大理石で化石を見つけよう」ゾルンホーフェンの石って建材として使はれるんか。

 天地創造デザイン部 天使のアンパンは白あんだった。老化に対するいろいろ。ハダカデバネズミは確かにさうなのだが、サンドパピーの雄は性ホルモンを男性に限定してゐるので、病気にかかりやすいといふアレがあるのである。お母さんは二十歳くらゐまで生きるさうであるが。

 『この世界の片隅に』がNHKで放送されてゐたのだが、結局見なかった。

ごふでさー

 大変なことになってゐる。

 鬼灯の冷徹 なんか不幸な娘さんの話。

 シリウス月刊スピリッツが、うー。『ライドンキング』を改めてみてみたら、プルチノフ大統領閣下はちゃんとした為政者だった。

そして「Heroes」も読んでない。

 幻解!超常ファイル ダークサイドミステリーなぞを見る。三毛別の熊さんはいかにハイパーカルニヴォアになったか。『バーナード嬢曰く。』でやってた本の前の奴を繙きつつ、なんかやる。

『昆虫やばいぜ』オオカバマダラの進化とコスタリカの虫ファウナ。コスタリカでロケなので西田先生がなんか出てきた。カマキリ先生の昆虫捕獲シーンでのBGMが、ドラクエといふのがなんか、演奏してるのはNHKだしなぁ。

 雨が降ったり晴れたり日射がすごかったり。

 新海誠『天気の子』 うーん。  

リミックスZ はう。コルシカ島の狐猫 は多分ぬこだらうとする山田さんとしょこたんの主張から。その情報の狐性がどっから出てくるかを出す。

 ごか先生の弟子、小松貴大先生による、好蟻性生物は続く。

 アリヤドリコマユバチ アリの寄生バチ。体長2ミリ クロヤマアリの腹に産卵する。この種は1900年代に報告されて以来、2000年に辛うじて載ってる本が出た程度で、現在このコマユバチがどうなのかが全く分からなかったが。2019年、小松先生が発見。小松先生は自身の飛蚊症を疑ふくらゐ、発見が信じられなかったさうである。

 グンタイアリの兵アリの顎の内側に付くダニ と言ふ謎の好蟻性生物がゐる。「四~五十匹に一匹」ゐるさうなので小松先生は群れの中の兵蟻を一匹一匹調べ、見つける。「アリの体の油を舐める」らしいのだが、山田さんもそこまで行く生態へのモチベーションに疑問を呈する。生殖は普通に謎。

 他に、触覚の付け根 他に付く種類がゐるといふ。好蟻性生物って。

 ツノゼミにも好蟻性のがゐるらしい。小松先生はアフリカ東南アジアなどを巡り回り、このセミを探して回ったさうである。

 しょこたんの注文で「中野区に生息」するむしはと言はれたので小松先生が紹介したのはアカスジキンカメムシ。山田さんが検索すると交尾のシーンがヒットする。  『昆虫学者はやめられない』

『ふしぎな生き物―ツノゼミ

 スカシカシパン通信  広島の高校生が作った、「オオサンショウウオ型のこんにゃく」

 ポン酢が合ひさうなオオサンショウウオのこんにゃく。

 湯来町の高校生が開発。

うんぱえー

小林快次『恐竜まみれ』

 冒頭は、諸般の事情でグリズリーさん(ハイパーカルニヴォアみがある)とこんにちはすることになったダイナソー小林!!の話。掴みはいい筈。

 小林先生は前から恐竜特にオルニトミモサウルスの関係をやってたと思ったら、学生時代にワニさん(厳密にはちゃんとしたワニさんになってからのジュラ紀辺りの種類らしいのだが、先生は2013年にクルロタルシなどの「ざっくりワニ系」の本を書いてゐる)の研究をしてゐた。さう言ふのを踏まへると「胃石の発見」とかは、「インテレクチャルな別枠の人」な感じが(共同発見者のLu junchanらしき人は同姓同名同綴で他の人がゐない限り英語版のWIKIで調べると「翼竜」関係がかなりヒットする)。てふか、 1971年生まれの人が学生時代の1997年に恐竜発掘隊のおまけで行って、「『ジュラシック・パーク』に出てくるガリミムスのような」生態を持つオルニトミモサウルス類の原始的なやつを発見して、アレしてソレしたといふ訳で。

 この本の中に「トロオドン」と言ふ記述が。小林先生の出たNHKの特集(では「トロオドン」の子供が父上から仕込まれる。上白石萌音様の良いみ声で喋る要らん演出がうざい)を書籍化したものでも「トロオドン」であった。ラテニヴェナトリクスとトロオドンの標本を突き合せてみたらトロオドンの標本があれだったので消しゴムさん登場、トロオドンの表記さん退場したわけではないらしいんだか何だか。かのリテレートの記述でステノニコサウルスでなくてもいいのが、ちゃんとアカデミスムの面倒なアレで、誤記とかでないよなやっぱ。 「トリカヘチャタテ(ちんぽがあるメスが雄の体内にある精巣へ突っ込んで交尾)が発見されてるけどエデアグス(挿入器の意の生物学用語らしい)でなくて「ペニス」ぶら下げてる虫がそこそこいる問題」とか「“劣性遺伝”“優性遺伝”は教科書でまだ現役問題」とシンクロしたら嫌だ。

 リーダビリティは普通。あと恐らく普通の古生物学に関するリテラシーを持つ先生は、よく標本を見つけることからもともと仕事上の同僚に「(猛禽)アイ」と呼ばれてゐるさうである。むかわ龍は先生に来た情報が「多分陸上の恐竜」「骨の一部」だったはずで、さう言ふのと物理的に「北海道のその辺はそこの地層ができたころ当時海」「化石の触媒に必要なのは水(海水でも可)」「海の者は結構残ってる」といふ知識とか多分経験則もあるらしい から、他が大体ある筈だからどうの、といってほぼ全身骨格が残ってる可能性を指摘する小林先生は、もはやアレである(千里眼的なののまうちょっと気の利いた表現をするため小一時間考へて断念)。

 バーナード嬢曰く。 なろうまで行きますか。

 週刊ポスト 「ネットのバカ リアルのバカ」連載がぐちゃぐちゃである。『ネットのバカ』で吉本に関するいろいろ。

 ちばてつや漫画館 

『復讐のせむし男』所収といふか紹介されてゐる。なんだっけ、呉智英先生が、これを誉めてゐたが、これが雑誌に掲載された初の作品だったとは!!いいけど、こっち所収の自伝でもちば一家が戦時中~他でお世話になった徐さんは「中国人」(´・ω・`)  ちば先生と言ったら、田中圭一『ペンと箸』で先生の好物「こづゆ」がどうたらと言ふの(田中先生はソレを摂取して「日本人のDNA」がどうたらいふ)を見た後、『ひねもすのたり日記』の方で、こづゆ(骨湯にこのルビ)が出ると、ああ、な感じ。秋津島へ来たちば一家は、こっちで骨湯に遭遇してゐる。ちば先生は別に、少女マンガはきゃわゆい娘さんを書く訓練とぜぜこを稼ぐだけでやってゐるらしく、「こういうのやりたいから少年誌よりやりやすいあっちへ」と言ふわけではないらしい。 

 マショウのあほすたさん ガンダム某にかまけてゐたあほ娘は、中二病にもかまけてゐた。中二のヴェクトルでポエムの中に「スジャータ」が出るのはいいセンス。

 

 小林快次『ワニと恐竜の共存』

みゅしゅぴゅー

なんかいろいろ大変

 京アニの会社を焼いた青葉なんちゃらは、環境の悪い関係で、犯罪を犯す方向に育った果てにああなったらしい。
 彼には、いはゆる文化資本が、恐らくあまりない。うーん。彼はキチガイだからとアレするのは、避けたいが無理か。

 吉本興業のいろいろがいろいろらしい。フライデーは「うわぁ吉本の藝人が反社会的組織の犯罪者とつるんでるよ」な記事で一貫して告発してゐるが、言はれた方は、吉本内のパワハラがどうたらで何とか記者会見をし、社長もとりあへず謝罪とかをしてゐる。あー反社会的ないろいろとは関係がないと、社長さんは言ってゐる。
「直の営業」に関するいろいろが後の藝人のいろいろに影響がないといいなぁ。

 まだ、林さん時代(多分)の、ウザーい暴力機構の凶悪な絆はまう無いか―説はまだいい筈(当時藝人さんはやくざ屋さんと仲良しだったといふ以外に)。

 ホルムズ海峡が大変らしい。

 あー a竹島上空をロシヤの飛行機が通り過ぎたbなので韓国が一応ぶっぱなしたcロシヤの飛行機は支那との合同演習中dてふかロシヤは自軍の飛行機が竹島上空へ行った件自体を否定 あー。

 名古屋へ行く なんか右翼団体らしきものが、「大坂で 会社へガソリンをまいた人」がどうたら、あの犯罪者も祖父母から昔話を聞いてゐたらどうとか言ってゐる。
 大坂の会社へガソリンまいた人がゐなければ、彼等はまぁ国賊だなぁ。京アニって京都だし(その演説では「関西の」ではなく「大阪の」と言ってゐた)

 水木しげる漫画大全集 補巻がまだジュンク堂(明治安田生命ビル地下)で売ってた。

 塩尻ブックオフで、新井素子先生の囲碁に関するいろいろが売ってた。新井先生はさう言ふのも書いてた。『ひでおと素子の愛の交換日記』での、『大戦略』でのお付き合ひ以来、新井先生は御夫君と、ゲームで絆を結んでゐるらしいうえに、ご夫婦で「いgのレヴェルが一緒」らしい。ふうん。

 森恒二『創世のタイガ』 なんか登場人物が、マンモスにアフリカと命名。なんか、パオンだ。

 江口夏実鬼灯の冷徹』 生足魅惑のマーメイド(陸生で動植物)が。てふかモーニングがない。

 みなもと太郎風雲児たち』 口先三寸で当時の偉い人たちを翻弄した人が、やられる。

 リミックスZ 月は数億年でちょっと縮んでゐるといふ蘊蓄。
 こまつたかし先生の好蟻性生物。
 フサヒゲサシガメ 秋津島激レア生物。岡山の辺に生息ただ、「世界各地で何となく生息」ツイッターでこの虫さんが一回うpされ、その画像に恐るべき量の虫マニアがイナゴのごとく群がり、ツイッター民Aは画像を削除 また別の人がサシガメ画像をうpするとまた虫マニアが群がり、といふナニが。

 お約束で「ヒアリ警察」も食ひ付いたらしい。まぁ普通。そして、この虫さんがトレンドにまでなったらしい。でもこのサシガメさんは半ば「二次元の生物」になってゐる。

 このサシガメさんは、樹上に生息し、ありんこを食ふのだが、アリの種類が不明だったり他いろいろで、謎の生物となってゐる。

 足の節が板状になってゐる(ありんこに喰はれにくいため) 特徴的な触覚、他、「好蟻性生物」は共通した特徴がある。

 グンタイアリとやらの群れの中に、全力でありんこを主張してゐる甲虫さんがゐらっしゃる。他何種類かゐらっしゃる ええっ。

 スカシカシパン通信
 「ハナヒゲウツボ 泳ぐ」で検索

 若い野郎時代はネオンブルー 新体操のリボンのごとき 優雅な泳ぎ方としょこたん

 腎臓と生殖層が肛門より後ろ。

このウツボさんは碧雄として生まれ、後にイエローメスになる。雄性先熟のウツボってゐるの!!
 ソレを踏へたうえで、一人称は、ハナヒゲウツボが「ボク」、 シワヒモムシは「ワシ」であらうと推測された。